【3歳なら虫歯予防】歯医者で大金を使わないための予防!

3歳児の虫歯予防といえばどんなママも気になるところ。3歳から虫歯になって・・・大金を歯医者につぎ込む人をたくさん見てきました。

 

しっかり子供のうちから虫歯予防していきましょう!要チェックです。

 

 

3歳の虫歯について

虫歯とは、酸によって歯が溶かされる病気のことです。虫歯って、れっきとした病気なんですね。

 

初期の軽い虫歯であれば治ることもありますが、進行してしまった虫歯が自然に治ることはありません。

 

これは3歳でも大人でも同じです。

 

虫歯の原因

虫歯の大きな原因は、虫歯菌です。生まれたての赤ちゃんの口の中には虫歯菌はいません。

 

赤ちゃんが育っていく中で、親のキス、口移しで食べ物をもらう、コップを共有して飲み物を飲む等、虫歯菌を持っている他の人の唾液を口にすることで、虫歯菌が移ります。

 

 

虫歯菌って?

虫歯菌は、ミュースタン菌とも言われていますが、ミュースタン菌以外の虫歯菌もいます。

 

お口の中にはたくさんの細菌がいます。 どのように虫歯になっていくのでしょうか。

 

どうやって虫歯になっていくのか

口の中の細菌は、歯に付いても唾液に流されます。

 

しかし、唾液の流れが悪い場所に付いた細胞は、その場所で増え始めます。

 

歯にとどまり増えていく細菌たち。細菌たちは、食べ物を食べた時の糖をエサにして、ネバネバしたものを作り出します。

 

ネバネバしたものは細菌を歯にくっつきやすくし、バリアーの役目で唾液などの外からの影響から細菌たちを守ります。

 

この細菌たちとネバネバしたもののかたまりが歯垢(しこう)です。(プラークとも言います)

 

食べカスや歯の垢ではないのですね。

 

細菌たちはネバネバしたものだけではなく、"酸"を作り出します。

 

糖がなくても酸を作り出す細菌もいます。この細菌が作り出す"酸"が問題なのです。

 

酸は歯を溶かします。歯の表面のエナメル質を溶かし、歯の内部まで溶かしていきます。

 

こうして歯が虫歯となり、放っておくと内部まで進行しています。

 

 

虫歯の予防方法

虫歯を予防するには何をしたらよいでしょうか。

 

食べる回数、時間を決める

ながら食べは虫歯によくありません。

 

1日に同じ分量を食べるとして、食べる時間を決めて食べるのと、ダラダラ食べ続けるのでは、ダラダラ食べ続ける方が虫歯になりやすくなります。

 

 

働きものの唾液

唾液は酸を中和してくれます。
唾酸で溶けてしまった歯の成分は、酸が中和されると唾液によって再び歯に付いて歯を修復します。

 

唾液の中の成分自体も歯に付いて歯を修復します。唾液ってとってもすごい働きをしているのですね。

 

しかし、ずっと食べたり飲んだりしていると、歯が修復される間がありません。唾液がしっかり働いてくれるよう、食べる時間を決めましょう。

 

 

糖、酸を含む食べ物、飲み物に気を付ける

虫歯菌が酸を作り出す元となる、砂糖の多い食べ物は避けましょう。
また口の中に残りやすい食べ物も虫歯になりやすくなります。

 

・飴、飴に似ている歯にくっつくお菓子
・クッキーやビスケット、チョコレートなどのお菓子

 

糖や酸が含まれる飲み物を常に飲ませないようにしましょう。
・ジュース、乳酸飲料、イオン飲料など

 

歯磨き

3歳の子ではしっかり磨ききれませんので、お母さんたちがしっかり仕上げ磨きをしてあげましょう。

 

寝ている間は唾液がほとんど分泌されないため、寝ている間が一番虫歯になりやすいと言われます。特に寝る前はしっかり磨きましょう。

 

歯ブラシだけでなく、デンタルフロスを使うと効果的です。

 

フッ素で虫歯予防

フッ素を利用しましょう。

 

フッ素は、歯を強くして虫歯菌の活動を抑制してくれます。フッ素入りの歯磨き粉やフッ素ジェルを使いましょう。

 

また、定期的に歯医者さんでフッ素を塗ってもらいましょう。

 

 

3歳の子は、まだ自分で自分をケアしきれませんので、お母さんたちが気を付けて予防していきましょう。