これが世界初?!


\世界で初めて!/


過去最高の歯磨き粉【ブリアン

↓↓↓

ついに解禁!


3歳で初期虫歯を発見?!対策はどうしたら?

今回は3歳の虫歯の初期対策についてまとめました。3歳の虫歯をフッ素で予防できるのか?
フッ素の治療・予防の仕方についてみていきましょう。

 

初期虫歯と虫歯予防にはフッ素

初期の虫歯は、虫歯になりかけの状態です。
虫歯になりかけているところが白く濁って見えます。
3歳の虫歯は進行が早いので、初期の頃にしっかり治療することが大切です。
この段階での虫歯は、歯を削らずフッ素を塗って、自然治癒を促します。

 

フッ素はどのような働きをするのでしょうか。

 

・酸の量を減らす
虫歯菌の活動を抑えることで、虫歯菌が作る酸の量を減らします。
虫歯は虫歯菌が出す酸によって溶ける病気なので、酸の量が減れば歯も溶けにくくなります。

 

・再石灰化を促す
歯はカルシウムやリンなどのミネラルが溶けたり戻ったりしています。(再石灰化)
フッ素は溶けたそれらの成分を歯に戻るよう促します。

 

・歯を強くする
フッ素は、溶けた成分が歯に戻る時に、歯の表面のエナメル質と結びついてフルオロアパタイトという硬い成分となって歯を強くします。
歯が強くなるとミネラルが溶け出しにくくなり虫歯の予防になります。

 

 

フッ素は虫歯の予防に対して有益な成分なのですね。
ただし、「フッ素を塗っていれば安心。」というわけでもありません。
フッ素を塗るだけでなく、食事の習慣や歯磨きのやり方を見直すことも必要です。
きちんと歯を磨き、飲食生活を見直し、定期的にフッ素を塗るなどをしていけば、初期の虫歯は自然に元の健康な歯に修復されるでしょう。

 

 

<フッ素について>
さて、虫歯予防に効果のあるフッ素とは、いったい何なのでしょう。
3歳の子に使っても大丈夫なものでしょうか。

 

・フッ素とは
フッ素とは、元素記号で言うと「F」です。
中学高校時代に科学で誰もが聞いたことでしょう、あの「スイへーリーベー」の一つです。
フッ素自体は猛毒で保存もできない物質です。

 

一般的にフッ素と呼ばれているものは、厳密に言うと「フッ化物」と言えます。
「フッ化物」とは"フッ素を含む物質"です。
虫歯予防に使われているほとんどが「フッ化ナトリウム(NaF)」で、その他「モノフルオルリン酸ナトリウム(MFP)」というフッ化物も使われれいます。
私たちが常に「フッ素入り歯磨き粉」とか「フッ素を歯に塗る」と言っているのは、「フッ化物入り歯磨き粉 」を「フッ化物を歯に塗る」ということを意味しているのですね。

 

 

・食べ物や飲み物にフッ素
実はフッ素は自然のものにも含まれている成分です。
水、野菜、魚、肉、緑茶の葉など、ありとあらゆる食べ物、飲み物に濃度の差はあれど含まれています。

 

フッ素(F)は、人の生命と健康の維持に欠かせない元素です。(必須微量元素)
鉄(Fe)や亜鉛(Zn)と同じで、人の身体には必要なものなのです。

 

フッ素って薬物のイメージがあったのですが、人の身体に必要なもので、知らず知らずのうちに口にしているものなのですね。

 

 

 

・1度にたくさんはダメ
どの食べ物も1度にたくさん食べるのはよくありません。
無害そうな水ですら、過剰に飲みすぎて水中毒になり亡くなる方もいるのです。
フッ素も同じで、(財)日本中毒情報センターによると、
「最小致死量は、3歳の小児でフッ素200mg(16mg/kg)の服用で報告あり。」
となっています。
普通に歯磨きをする分には、急性中毒の危険性はありません。

 

 

・子供の歯磨き粉のフッ素量
私が子供に仕上げ磨きするときに使う歯磨き粉の量を計ってみたら、0.4gでした。
正確なフッ素濃度がわかりませんが、子供用歯磨き粉は500ppmが多いようなので、1g中に0.5mgのフッ素が入っているとします。
(「ppm」とは、濃度を表す単位で、1000ppmは1g中に1mgフッ素が配合されていることを表しています。)
0.1g中には0.05mg、0.4g使うので0.2mgフッ素が入っていることになります。
私が仕上げ磨きする時、1回に0.2mgのフッ素が子供の口に入るということです。

 

 

・1日の摂取量
米国医学研究所から発表されたフッ化物適正摂取量と摂取許容量を表す表には、
「1〜3歳で体重13kgの子供に対し、適正摂取量は0.7mg/1日、摂取許容量は1.3mg/1日」
とされています。

 

日本の成人は毎日約0.5mg程度のフッ素を食べ物や飲み物から摂取していると言われています。
子供の場合がわからないのですが、大人の0.5mgを適応させるとしても、1回の歯磨き粉を全部飲んでしまっているとして0.2mgプラスで、1日のフッ素摂取量はおおよそ合計0.7mgとなります。
ちょうど適応摂取量ですね。

 

 

・長期的な影響
フッ素を長期的に摂取し続けると良くない、次の症状の原因が"長期間低濃度のフッ素を摂取したから"、ではないかと言われています。

 

・斑状歯、(歯が白くなったり表面がくぼんでざらざらになったりする)
・骨硬化症、フッ素症、(骨が異常に突出したり、関節痛になったりする)
・骨肉腫
・ダウン症
・ADHD
・発ガンの危険を高める

 

しかし、調査人数が少なすぎて信憑性が低いものや、飲み物にフッ素が多く含まれていることが条件だったりと、本当に先ほどの症状の原因がフッ素なのかはハッキリしていません。

 

過剰摂取が良くないのはフッ素も他のものも同じなのです。

 

 

フッ素は食べ物飲み物にも含まれる、身体の維持に必要な成分です。
歯磨き粉などの歯磨剤のフッ素量を気にするなら、食べ物飲み物のフッ素量も気にすべきなのではないでしょうか。

 

長い間過剰摂取したときに起きるかもしれない症状を不安に思うより、適正量を使ってしっかり虫歯を予防、初期治療した方がよっぽど歯にも身体にも良いのではないかと思います。
虫歯になってから後悔するのでは遅いのです。