これが世界初?!


\世界で初めて!/


過去最高の歯磨き粉【ブリアン

↓↓↓

ついに解禁!


【3歳児の虫歯】進行速度と進行止めについて再確認!

3歳児の虫歯についてみてきました。
今回は、3歳の虫歯の進行止め、進行速度についてまとめたいと思います。

 

 

3歳の虫歯はどう進行するの?

 

・進行速度
3歳の歯は乳歯なので、虫歯になるとその進行が早く、広い範囲に広がります。
乳歯は大人の永久歯と違って歯質が弱くて、厚さも2分の1くらいしかないからです。

 

 

・乳歯の特徴
歯はエナメル質で覆われています。エナメル質は身体の中で一番硬いのですが、乳歯は永久歯の半分しかエナメル質がありません。

 

乳歯はエナメル質だけでなく象牙質の厚みも薄いですが、神経が大きいです。そのため乳歯は虫歯になるとその進行が早く、すぐに神経まで進行してしまいます。

 

神経は、永久歯に生え変わるために重要です。乳歯は神経があることによって乳歯の根を溶かし、永久歯との生え変わりをスムーズに進めます。

 

 

・初期の虫歯には
削るほどでもない小さな虫歯や、3歳くらいで虫歯治療が難しい小さな子の治療に、進行止め薬が使用されます。

 

サホライドと言う薬です。

 

サホライドには、虫歯の進行を遅らせたり食い止めたりする働きがあります。ただし、虫歯を治す薬ではありません。

 

 

・治療が難しい子
虫歯治療が難しい小さな子とは、私の娘のような子のことでしょう。

 

私の子が3歳のとき、歯医者さんで見てもらおうとしたら口を両手で塞ぎ全力で拒否。「嫌だ!嫌!」と院内に響き渡る娘の叫び声。

 

その時手が空いている助手さんすべてが集まり娘の手足を抑え、それでも頑なに口を閉じるので、見てもらうことすら出来ない状況でした。

 

なんとか言いくるめて口を開けさせたのですが、すぐに閉じようとするのでじっくり見てもらうことができません。

 

治療が必要な歯はないとのことでフッ素塗って終わりましたが、見逃された虫歯が無いか不安だし、かと言って虫歯があってもこんな状況では治療なんてもっと無理。

 

2歳のときは無反応でクリーニングをしっかりしてもらえたのに、1年でこの変わりようです。

 

なんのために行ったのかと思いつつグッタリして帰ったのですが、同じような経験をされたお母さんもいらっしゃるでしょう。

 

 

・進行止め薬の成分と効果
サホライドの成分はフッ化ジアンミン銀です。
フッ素と銀が入っています。

 

フッ素の虫歯予防の作用と銀の殺菌効果によって、虫歯の進行を遅らせ食い止める効果が期待できます。

 

そのほか、痛みを抑えたり、歯がしみるのを防ぐ効果などがあります。

 

 

・黒くなる
進行止め薬を塗ると歯が黒くなります。進行止め薬に入っている銀が虫歯にくっついて酸化するために黒くなるのです。

 

ただ、虫歯の部分が黒くなるだけなので、奥歯や歯の裏側であればあまり目立ちません。

 

進行止め薬を塗った直後に薬をなめてしまうと、まれに唇や頬に薬が付いて黒くなってしまうこともあります。

 

1週間もすれば皮膚の新陳代謝などで黒いのはなくなります。

 

どうしても黒い色が気になるときは、削る治療ができる年齢になってからプラスチックで修復することもできます。

 

3歳ではまだプラスチックでの修復治療はしないことが多いようです。

 

 

進行止め薬を塗っても、虫歯が進行してしまうことがあります。
定期的に歯医者さんで見てもらうようにしましょう。