これが世界初?!


\世界で初めて!/


過去最高の歯磨き粉【ブリアン

↓↓↓

ついに解禁!


3歳でも神経に傷!!虫歯による神経ダメージと対処法

3歳で虫歯による神経ダメージ。信じられませんが、あるんです。
3歳で神経まで達する虫歯になった場合はどうすればいいのでしょう?体験談も交え、紹介します。

 

 

歯は、外側からエナメル質、象牙質、歯髄(しずい)で出来ています。
歯髄とは、一般に言う「神経」のことです。
歯髄には神経組織だけではなく無数の毛細血管も存在しています。

 

・根管治療
歯の根の歯髄が通っている管を根管と言い、神経まで進行した虫歯の治療には「根管治療」が必要になります。
「根管治療」とは一般に言う「虫歯で神経を抜く。」ことです。
単純に神経を抜くのではなく、虫歯に侵された歯髄を取り除くことを言います。
3歳でも大人でも治療方法はおおむね同じです。

 

・根管治療の流れ
部分麻酔をします。
虫歯を取り除きながら、歯を削っていきます。
針状の特殊な器具を使って歯髄を取り除きます。
歯によっても、人によっても歯髄が通っている管の本数が違うため、一本でも見逃さずに全ての歯髄を取り除く必要があります。もし残っていると痛みの原因となります。
消毒して、薬を入れます。
神経がなくなった歯は感染しやすく、管に空気が入ってしまうと痛みや再感染の原因となってしまうため、歯髄を取り除いて出来た空洞に薬を詰めていきます。
完全に綺麗になったら、かぶせ物を作り、かぶせます。

 

・神経を取ると
私は大人になってからですが、虫歯を治療した歯が、おそらくはストレスや疲れが原因でたまに痛くなることがあります。
何度も歯医者さんに相談しましたが、最終的には「神経取る?歯は死んでしまうけど痛みはなくなるよ。なるべく神経は残したいからすすめないけど。」と言われました。

 

神経を取ってしまう根管治療は、神経だけではなく歯に栄養と酸素を供給する毛細血管も一緒に取り除きます。
歯髄を取り除いてしまうと、栄養や酸素の供給減がなくなってしまい歯が変色してしまったり、歯の強度自体が弱くなってしまうのです。

 

・永久歯の神経
3歳の乳歯の神経を取ってしまったら、これから生えてくる永久歯はどうなるのでしょうか。
「乳歯の神経を取ってしまったから、これから生えてくる永久歯の神経もなくなったのでは。」と心配になるお母さんもいらっしゃいます。
乳歯の神経と永久歯の神経は別々のものなので、乳歯の神経を取ったから永久歯の神経もなくなるわけではありませんので安心してください。

 

それなら、神経にまで進行した虫歯を放置して良いのでは、と思われるかもしれませんが、良くありません。
3歳の虫歯が神経まで進行すると、今後生えてくる永久歯にまで影響が及ぶことがあります。

 

・永久歯への影響
神経にまで進行した虫歯は、歯の根に膿を溜めて、これから生えてくる永久歯を変色させたり、歯並びを悪くしてしまうことがあります。
神経を取ってから永久歯が生えてくるまでの数年の間に、感染症などで膿が溜まったりしてしまうと永久歯にも影響し、虫歯の状態で永久歯が生えてきてしまうこともあるそうです。
また、神経を取ってしまった場合、永久歯との生えかわりがうまくいかないことがあるため、永久歯を邪魔するようであれば抜歯の必要も出てきます。

 

・乳歯が溶けてしまったら
乳歯は永久歯が生えてくる場所を確保する役割もあるので、もし歯が溶けてしまい抜歯が必要な時は、永久歯が生えてくる場所を確保する装置を入れておく必要があります。

 

 

3歳の虫歯は、いずれ永久歯に生え変わるからと放っておいて良いものではありません。
神経まで進行する前に治療を心がけましょう。