これが世界初?!


\世界で初めて!/


過去最高の歯磨き粉【ブリアン

↓↓↓

ついに解禁!


3歳の「最強」虫歯予防?!予防シーラントのチカラを再確認

予防シーラントって聞いたことありませんか?3歳ごろからできる予防シーラントについてまとめました。

 

予防シーラントとは、奥歯の噛み合わせの部分である深い溝を人工物で埋めることによって虫歯を予防することです。

 

虫歯予防でよく聞くフッ素は、歯質が丈夫になるように全部の歯に塗る、薬物による化学的虫歯予防です。

 

予防シーラントは、一部の歯の部分的なところへの物理的な虫歯予防です。

 

予防シーラントをした方がよい歯があります。
  • 【奥歯の乳歯】、形がボコボコしていて歯の溝が複雑です。
  • 【生えたての奥歯の永久歯】、生えたばかりの頃は柔らかく形も複雑で虫歯になりやすいです。
  • 【生えたての永久歯の前歯】、上の前歯の裏には深い溝があり、汚れが溜まりやすく歯磨きし辛いところです。

 

3歳の子の奥歯の溝は大人より複雑な形をしています。
複雑な形をしていると汚れを落とすのが難しくなり、虫歯になりやすくなります。
その複雑な溝を平面に近い状態にして汚れを落としやすくし、溝を埋めて虫歯が入り込まないようにすることで虫歯を予防します。

 

具体的にはどのような処置がされるのでしょうか。

 

・予防シーラントの処置手順
シーラントをする部分を掃除して汚れを取り除きます。
”酸エッジング”と言って、リン酸水溶液を歯の表面に塗り、一定時間経ったら水洗いして乾燥させます。
シーラントを歯の溝に塗っていきます。
噛み合わせの邪魔にならないように溝の周囲にはみ出さない程度の量を、溝に沿って流し込みます。
光を当てて固めます。
シーラントがしっかり溝に入ったか、噛み合わせはどうかを確認します。

 

・材料
シーラントの材料のほとんどがレジン系というプラスチックのような樹脂ですが、フッ素が混入されているフッ素徐放性シーラントというものもあります。
グラスアイオノマーは酸エッジングをする必要がない材料です。

 

 

・費用
6歳から12歳の間で、初期虫歯と判断された歯にしか保険治療が適用されません。
3歳でしようとすると自費負担となります。
歯医者さんによって自費負担でも保険適用時と変わらないくらいの金額のところもあれば、診察費別で保険が適用されても高いところもあります。
保険は改正されると適用範囲も変わりますし、費用が気になるお母さんは事前に歯医者さんに確認してみましょう。

 

・定期的なメンテナンス
シーラントをすれば放っておいてよいわけではありません。
シーラントをしたら定期的なメンテナンスが必要になります。

 

シーラントは強く噛んだり歯ぎしりをしたりすることで、すり減ったり、取れてしまうことがあります。
一部が欠けてしまうと、その部分はかえって虫歯になりやすくなってしまいます。
そこからシーラントの下へ虫歯が広がってしまうこともあります。
シーラントが欠けたり取れたりしたら、またシーラントを行えば大丈夫です。

 

 

虫歯が心配だけど、3歳くらいの子供だと毎日歯磨きを嫌がって奥歯をしっかり磨かせてくれないと悩んでいるお母さんもいることでしょう。
乳歯の奥歯もシーラントをした方がよい歯ですので、3歳くらいでも検討の価値はあるかと思います。