これが世界初?!


\世界で初めて!/


過去最高の歯磨き粉【ブリアン

↓↓↓

ついに解禁!


3歳にはブリアン!【最強】虫歯菌を除去する最新・歯磨き粉をチェック!

最強歯磨き粉【ブリアン】とは

 

普通歯磨き粉というとチューブに入ったものを思い浮かべますが、ブリアンは粉末です。
何が普通の歯磨き粉と違うのでしょうか。

 

ブリアンには”BLIS M18”と言う成分が入っています。このBLIS M18が重要で、虫歯菌を除去してくれる成分です。

 

BLIS M18とは

BLIS M18は、乳酸菌の一種の善玉菌です。
非常に弱い善玉菌で、熱さや湿気に弱いため保管状況に気をつけなければいけません。
ブリアンが粉末なのは、BLIS M18がペーストやジェル状にすると生きていられないからなのですね。
BLIS M18が生きたまま口の中に入らないと効果がありませんので、長時間、高温多湿になるような場所には置かないようにしましょう。
ブリアンは、冷暗所保管で1年以上使用可能とのことです。

 

虫歯菌に作用する乳酸菌

虫歯菌に作用する乳酸菌は、ブリアンに配合されているBLIS M18だけではなく、LS-1やロイテリ菌などもあります。
LS-1は虫歯菌の数を減らすことはできないが、増殖を抑える作用があり、虫歯菌が作り出すネバネバ作成を抑制する作用があります。
ロイテリ菌は虫歯菌の発育を抑制する作用があります。
乳酸菌にもいろんな種類があるのですね。

 

即効性はなし

ブリアンを使ったからすぐ効果がでるわけではありません。
即効性はなく、継続して使う必要があります。
ブリアンの販売サイトさんの注意書きに
「効果を実感して頂くためにも最低2回(2ヶ月)ご継続をお約束頂いております。」
とあります。
実際に使っているお母さんたちも2〜3ヶ月使い続けて実感する人が多いようです。

 

ブリアンの成分

ブリアンにBLIS M18が配合されているのですが、その他の成分はどうなっているでしょうか。
ブリアンは、デキストリン、フルクトオリゴ糖、エリスリトール、乳酸菌、香料が配合されています。
乳酸菌はBLIS M18のことです。
BLIS M18は1包1gに20mg配合されています。
殺菌剤、界面活性剤、保存料、合成着色料は不使用なので、3歳の子にも安心して使えますね。

 

 

ブリアンの味

ブリアンはイチゴ味です。
3歳の子が好みそうな味ですね。

 

歯垢に届く

BLIS M18の細かい微粒子が、歯と歯の間や歯と歯茎の間などの歯ブラシが届きにくいところの歯垢を取り除き、虫歯を予防してくれます。

 

テレビのCMで「歯磨き粉の小さな粒が奥まで届く」イメージでしょうか。

 

・ゆすぐ必要はなし
歯磨き後に、水で口をゆすぐ必要はありません。
ただし、ブリアンで磨いた後、唾液を吐き出してください。
歯磨き粉を飲み込みやすい3歳でも唾液を吐きだすだけでよいのはありがたいことです。

 

・併用できない
他の歯磨き粉やうがい薬と併用できません。
他の歯磨き粉などに入っている殺菌剤、発泡剤、界面活性剤などでBLIS M18が死んでしまうためです。
もし他の歯磨き粉と併用したいときは、ブリアンを最後に使うようにしましょう。

 

 

・ブラッシングは必要
ブリアンの販売サイトさんに
「むし歯予防はブラッシング効果による」
と表示されています。
ブリアンを使い始めてから、子どもが歯磨きを嫌がらないようになったと言うお母さんが多くいるようです。
ブリアンはBLIS M18の作用だけでなく、子どもが嫌がらずに仕上げ歯磨きをしっかりさせてくれるようになることも虫歯予防の大きい効果なのではないかと思います。

 

 

虫歯の予防の基本は、やはり歯磨きと食生活にあります。
ブリアンを使っているから虫歯にならないわけではありません。
ながら食べをしていたらBLIS M18もうまく作用しきれないでしょう。
ブリアンを上手に活用するためにも、糖や酸を避けた食生活としっかりした歯磨きを欠かさないようにしましょう。